注目キーワード
  1. リフォーム
  2. ブログ

前橋市マンションリフォーム和室編3

当サイトをご閲覧いただきありがとうございます。

ニチゼン住宅プラザの笹口です。

今回はマンションリフォーム和室編を解説していきたいと思います。

和室をリフォームする際に私が気を付けたことや、和室をリフォームするポイントなどを解説していますので皆様のご参考になれば嬉しいです。

マンションリフォームその1はこちら

マンションの購入などを解説

http://www.nichizen-plaza.co.jp/mansionreform-maebashi33

マンションリフォームその2はこちら

キッチンのリフォームなどを解説

http://www.nichizen-plaza.co.jp/kichenreform-mansion-1/

マンションリフォームのその1はマンション購入のポイントを私個人の見解で解説しておりマンションリフォームその2はキッチンのリフォームを解説しています。

それでは今回は和室のリフォームご紹介をしたいと思います。

マンションの和室リフォーム

和室リフォーム前写真

リフォーム前の写真、我が家が購入したマンションは畳の表替えをしており新品の状態でした、クロスも全体的に目立つ傷や痛みはなく、きれいな状態です。

和室リフォーム写真2

ダイニングの隣にあり約6畳の和室。

エアコンも新品です。

畳の表替えをしてある、襖などの建具も綺麗、、

よくよく見てもリフォームをしないで住める最高の状態です。

それでも、このままではやはり味気ない、和室をイメージしたクロスは和紙のような柄をしていてどことなく古臭い、照明もシーリングライト、ダイニングと和室の間の襖は各部屋を狭く感じさせてしまいます。

我が家は、このマンションで猫を飼う予定でしたので、「猫と快適に暮らせる」を考えてこの和室のリフォームプランを考えることにしました。

和室のリフォームプラン/畳のままでいく

私が畳を好きということもあるのですが、この狭さだとフローリングに変えてもソファとテーブル、カーペットでほとんどフローリングが目立ちません、また猫の足の負担等も考えて畳のままでリフォームすることにしました。

ペットとの暮らしを考え、壁紙は全て消臭壁紙に、キャットタワーで遊べ、インテリアにもなる間接照明を作ることに、

個人的感覚ですが「少し狭いな」と感じる和室でしたのでアクセントクロスを使いお部屋にメリハリをつけ和室の自然の木部分が生きるナチュラルでモダンな和室にしようと考えました。押し入れはそのまま使い、収納力だけを上げばいいというような形です。

このままでも「十分住むには問題ないな」と思えるお部屋でもリフォームするとここまで変わる、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

それでは完成した写真を見ていただきたいと思います。

リフォーム完成写真

和室リフォーム完成写真1

和室リフォーム完成写真1

和室リフォーム完成写真2

和室リフォーム完成写真2

和室リフォーム押し入れ

和室リフォーム完成写真3

和室リフォーム完成写真4

和室リフォーム完成写真4

予算を抑えるため天井はファイバーテープを張ってパテをしてそのまま壁紙を張っています。

目透かしの天井でも下地が石膏ボードでできている目透かしの天井であれば、頑張ればそのまま張れることも可能です。

天井の素材が薄いベニヤになるとベニヤが壁紙のノリで湾曲したりすることもあるので注意が必要です。

一度、ベニヤが水を吸って湾曲すると元には戻りません。

今回は石膏ボードに化粧シートで仕上げてありましたのでパテをして壁紙で仕上げました。

予算だと50000円程度下地の料金を安くすることができます。

天井の一部を切り抜き配線工事をしてあります。

壁紙を張りなおすのであれば簡単にダウンライトを埋め込むことが可能です。

和室天井下地

間接照明用に新規で飾り棚を造作、LEDライトを設置してあります。

間接照明写真

間接照明写真

襖撤去後写真

和室リフォーム完成写真5

ダイニング側からの写真

リフォーム工事前写真

工事前写真

リフォーム工事後写真

和室リフォーム解説は以上になります。

ただ壁紙を張りなおすのではなく、ちょっとした造作や照明工事をすることで古い和室も簡単に和モダンにすることができます。

皆様の参考になれば嬉しいです。

最後に、

キャットウォークですが猫さんが遊んでくれないとやっぱりがっかりしますよね、

我が家が作った間接照明キャットウォークがどうなったかというと

、、、

ものすごい毎日遊んでくれています。

ガシガシ歩いて遊んでいるのでキャットウォークの天板を壁紙でも消臭壁紙ではなく強度の少し高い素材にすれば良かったな、なんて思いました。日々勉強ですね。

光ってるから猫さんが嫌がるのではないかと思ったりしましたが我が家の猫は気にしないみたいです。

最後までご閲覧いただきありがとうございました。

笹口章浩